2013/01/31

ガッ活! 第17話「なんで犬は呼んでもいないのに教室に侵入してくるの?」

委員長がメス犬に成り下がったのでつい。


見所




雌犬ちほ
メス犬に成り下がったちほが犬にどんな事をされるのか?そんな話を描いたエロ同人誌を求ム!

2013/01/22

ちはやふる2 第01話「はなのいろは」

○良かった点
・メンバーの思想の違いを描いた所。
 →千早、太一、西田、奏、駒野各人がこれからのカルタ部をどうしたいのか考えを持っていて、それに合わせて考え行動している所が良かった。
  特に千早の二兎どころじゃない何でも欲しがる強欲っぷりには呆れたけど、千早らしい思想だった。
・菫目線で競技カルタを描いた所。
 →前作を見ている人にとっては、競技カルタがどんなものかを分かっているので何てことは無いけど、一般人である菫にとっては競技カルタはどんなにヘンなものなのかを描いてくれたのは良かった。
  一般人目線だと競技カルタって異様としか言いようが無いよね。確かに、カルタ取りって誰が一番最初に取るかっていうものだけど、あんなに必死になるなんてヘンだよね。
  そういう描写を入れると、初見の人にも競技カルタがどんなものかが理解しやすいと思う。
○悪かった点
・なし。
 →期待していた2期目が始まった。感想はこれっきり。毎週集中して楽しませてもらいますよ!
  2期目から見始めた人!ちょっとでも興味を持ったら、レンタルビデオで1期目を全話見るんだ!より、2期目が楽しめるよ!

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第01話「問題児たちが箱庭にやって来たようですよ?」

カードゲームが終わった辺りで見切ったのでそこまでの感想を。


○良かった点
・設定。
 →舞台が地球外の場所であるとはいえ、超能力を持つ輩が招待を受けて賭けをして勝ったら良いモン貰えるって、そんな設定の何が面白いのか理解出来ない。
  比較対象に対して失礼になるのは重々承知だけど、カイジと比較・・・いいや。カイジってタイトルだけで十分だよね。
○悪かった点
・なし。
 →見るべき所が間違っているのかもしれないけど、ギャンブルとなるとどうしてもそういう観点で見てしまうのだから仕方が無い。
  まだ序盤だからあの程度のやり方で乗り切ったのかもしれないけど、カイジは・・・ごめん。もうこれ以上は止めておきます。

ささみさん@がんばらない 第01話「明日からがんばる」

○良かった点
・チョコレート戦争シーン。
 →戦闘シーンは迫力があってちょっと楽しめた。訳が分からなかったけど。
○悪かった点
・キャラクターに魅力が感じられなかった所。
 →登場人物が、同じシャフト作品の何とか物語に出てくるキャラクターみたいでヘンテコなのは分かったけど、続けて見たいと思える程の魅力は感じられなかった。

GJ部 第01話「私がグッジョブだ!」

2~3つ、小ネタを見た所で見切ったので、そこまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →キャラクターモノみたいだから、徹底して男を排除すれば良かったのに。野郎が出てくると詰まらないんじゃあなかろうか?
  あと、この手のハーレムモノは見飽きました。
○悪かった点
・なし。
 →上記の通り。

たまこまーけっと 第01話「あの娘はかわいいもち屋の娘」

○良かった点
・なし。
 →正確には絵と声優以外にはなし。どのキャラクターにも魅力を感じなかったし、商店街にも魅力を感じないし、かといってストーリーにも興味が湧かなかった。
  何か起こるかと思えば、喋るニワトリが餅屋に居座るってだけでああ、そう、と。
  絵を見るとどうしても「けいおん!」が頭をよぎって、いつうんたんするのか、いつ可愛い後輩ちゃんが登場するのか、いつロンドンでハッピ着て生演奏しちゃうのかを待ってしまう。
  という冗談はさて置くにしても、ごめん、やっぱどこにも魅力が感じられないよ。
○悪かった点
・なし。
 →上記の通り。喋る鶏が出てきた所で、釣魂っぽいのを期待したけどそうはならなかったし。
  もしかしたら徐々に面白くなっていくのかもしれないけど、申し訳ない。
  そこまで待てないや。他に見たいアニメ作品がいっぱいあるし。

戦勇。 第01話「勇者、旅立つ。」

ヘンなキリンみたいのが出た所で切ったので、それまでの感想を。


○良かった点
・設定説明を後回しにした所。
 →冒頭の勇者と戦士の寒い会話劇が半端無く詰まらなかったけど、王様出てきて設定説明をした所で、作品の方向性が分かった。
  最初に設定説明をしたら、勇者と戦士の寒い会話劇もハードルを下げ、生暖かい目で見ることが出来たかもしれない。
○悪かった点
・勇者と戦士の人間関係。
 →この2人のやり取りを見ていると、ギャグ漫画日和の松尾芭蕉と弟子の曾良の関係を思い出すけど、ギャグ漫画日和の方は2人の人間関係が一発で理解でき、その関係が納得できるようなエピソードがあった。
  対して勇者と戦士の間にはそういうエピソードが無く、ただ性格の悪い戦士が人の良い真面目な勇者を痛めつけるだけの不快な会話劇でしかなかった。
  感性と言ってしまえばそれまでかもしれないけど、勇者が戦士に軽んじられる何かしらのエピソードがあれば、許容できたかもしれない。

幕末義人伝 浪漫 第01話「ババンと小判が、大盤振舞!」

○良かった点
・設定。
 →必殺仕事人の設定丸パクリだけど、個人的には好きな設定なんで、いいんじゃないでしょうか。
  まあ、正直必殺仕事人の設定をパクるなら必殺仕事人をアニメ化した方がマシなんだけどね。
○悪かった点
・設定説明を重点に置いた所。
 →浪漫とその仲間達が仕事人なんですよ~という設定説明を重点に置いた為に、浪漫達が仕事をする動機となるエピソードが殆ど描けていなかったのが残念だった。
  今回だったら、長屋の人達が、浪漫にとってどれだけかけがえのない、愛すべき人達なのかを描いて欲しかった。
  そうじゃないと、浪漫達がたったの一文銭で命を賭けた仕事をする気持ちが理解できないから。
・かんざしのエピソードが無かった所。
 →アバンで、かんざしを取り返すエピソードがあったけど、初回はこのエピソードを描けば良かったのでは?


仕事人モノは個人的には好きな設定なんだけど、仕事を依頼する人のドラマがあってこそ。
それが無いんじゃ、仕事人モノはやっちゃいけないと思う。

THE UNLIMITED 兵部京介 第01話「超常脱獄 -Schooler of deadlock-」

○良かった点
・兵部京介の設定を説明した所。
 →エピソードで設定を説明してくれたので、兵部京介がどんなキャラクター設定を持っているのかは理解できた。
  ただ、そこ止まりでそれ以上の興味は湧かなかった。
○悪かった点
・なし。
 →やっぱりスピンオフ作品は、元ネタを分かっていないと理解できないし、面白くないし付いていけないね。
  ただ、スピンオフ作品が作られるということは、兵部京介というキャラクターが相当魅力的なのだろう。

AMNESIA 第01話

○良かった点
・メメント設定。
 →こっちもメメント状態で混乱しっぱなしだったけど、久しぶりのメメント体験は面白かった。
  すぐにイライラしちゃったけど。
○悪かった点
・ヒロインの言動に対する周りの反応。
 →2~3日前だか3~4日前だか忘れちゃったけど、その頃からメメント状態になっているのに、周りのバイト仲間やら幼馴染?の男どもとかの反応が異常に見えて仕方が無かった。
  仮に、今のバイトを記憶を失う前からやっていたとしたら、ヒロインがまごつく姿を見ておかしいと思わないのは変だけど、記憶を失う前日なんかにバイトを始めたのなら、まだ納得できる。
  けど、幼馴染らしき男2人が、ヒロインの言動に疑問を持って、ヒロインに色々と質問をしないのは不自然すぎると思う。
  もしかして、周りの人間もメメント状態?それとも、分かっていて気付かないふりをしている?
・ヒロインがオリオンの言葉を信じて行動している所。
 →自分にしか見えない、ヘンテコなヤツに対して疑問を持つこと無く、言いなりになっているのがすごく不自然に感じた。
  オリオンが自分を騙しているのかもしれないのに、どうして言う事を聞くのか理解出来ない。
  オリオンの言葉を信じるようなエピソードがあれば良かったのに。

八犬伝―東方八犬異聞― 第01話「境界」

5分くらいで見切ったんでそれまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →誰の目線でストーリーを追えばいいのか、分からなかったよ。
  起きている事も超常現象ばかりだし、付いて行けないよ。
○悪かった点
・なし。
 →上記の通り。

ラブライブ! School idol project 第01話「叶え!私たちの夢――」

○良かった点
・なし。
 →穂乃果だっけ?学校が廃校にならない為になんか一生懸命だった娘。何で一生懸命なのかが理解できないよ。
  この理解の出来なさは、まなびストレート!の初回に通じるものがあるね!
○悪かった点
・穂乃果が学校の為に一生懸命になる理由が描かれていなかった所。
 →ギャグとして描いていたけど、転校する為の試験は絶対にやりたくないから、という理由ならまだしも、廃校がずっと先の話だと分かってからも廃校にさせまいと一生懸命になる気持ちが理解出来なかった。
・穂乃果が廃校から救う手段としてアイドルを選んだ所。
 →何か理屈を捏ねていたようだけど、記憶に残っていないので、大した理由じゃなかったのだろう。
  それはともかく学校を廃校から救うのに、どうして学校の魅力を見つけ、伝える方向でなく私達がアイドルになって生徒を呼び込もう!の方向になるのか理解できない。
  これがこち亀なら一発で理解できる。両さんならそうやって金儲けしようとするだろうから。


同じアイドルモノで同じ制作会社のアイカツ!は悪くないんだけどなぁ・・・子供向けっていうフィルターはかかっているけど。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第01話「高校生活のスタートは修羅場」



どこまで見たかちょっと忘れちゃったけど、確か、ヒロインが悪口雑言を並べ立てた辺りで切ったはず。


○良かった点
・幼馴染の描写。
 →多少、ラノベらしく主人公にとって都合の良いキャラクターとして描かれていたけど、そんなに悪くは無かった。
  正直、びっくりした。メインヒロインが出てくるまでは。
○悪かった点
・メインヒロインの言動。
 →彼女の言動が非情に不快だった。何様キャラだろうからわざとそういう言動を取らせているのだろうけど、それが分かっていても不快だった。
・主人公が医者を目指す動機が無かった所。
 →叔母さんだったかお姉さんだったか忘れたけど、主人公にとって彼女の為に医者を目指す程の何かがあったのだろうけど、それが描かれていないとどうしても応援する気にはなれない。
  後で描くのかもしれないけど、タイトルからしてメインは幼馴染とメインヒロインとの確執がメインになりそうだから、期待薄だろうなぁ・・・
  描いてくれることを祈るよ。

2013/01/15

まおゆう魔王勇者 第01話 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

開始5分くらいの、まおゆうの会話が寒すぎて見続けられなかった。まおやんのおっぱいがいくら大きかろうが、あの会話の寒さには勝てなかったよ。


○良かった点
・なし。
 →ライトノベルの文章を、そのまま脚本に起こしたかのような台詞回しと構成が素晴らしかった。
  余程作者に力量が無ければ、こういう構成で着いていけるものではないのだと、改めて思った。
○悪かった点
・まおゆうの会話。
 →どっちの台詞も、裏づけるエピソードがしっかり描かれていないので説得力が無く、聞いていて背中がむず痒くなってしまった。
  どれだけ民衆が魔族?によって苦しめられているのか、魔王が言うような、一部の人間が人間vs魔物の戦争で儲けているのか、逆に魔物の方にも同じような事をしているのかを描かずに視聴者の想像にお任せします、じゃあダメだと思う。
  まおゆう2人の主人公の物語みたいだから、それぞれの目線で、人間vs魔物の戦争を、そしてその戦争にまつわる悲惨な出来事や汚い出来事を描いた上で、まおゆうの会話シーンがあれば、面白かったと思う。
  あの会話がギャグとして描かれていたのならごめんなさい。僕の読解力が著しく低かったせいです。

キューティクル探偵因幡 第01話「偽造通貨印刷事件/因幡洋誘拐事件」

開始3分くらいで見切ったので、そこまでの感想を。


○良かった点
・なし。
 →路線・ノリは分かったけど、着いていけるノリではなかった。
  定番の、一般人らしきキャラクターの自己紹介兼口説明があって、ある意味、安心して切る事ができた。
○悪かった点
・なし。
 →上記の通り。

はいたい七葉 第01話「はいたい!キジムナー!」

○良かった点
・キャラクターデザイン。
 →流石はPOP氏がキャラクターデザインを手がけただけのことはあるね。
  お陰で、絵ぇばっか目に行っちゃって、内容なんてこれっぽっちも頭に入って来なかったよ。
○悪かった点
・キャラクターを大量に出した所。
 →初回から登場人物が多すぎて、誰に感情移入すればいいか分からなかったよ。
  誰が主人公なのか、思い出せないよ。
  ああ、そういやなんかロリっぽいのがいたな。その娘でいいの?


やはりキムジナーは、水木しげる版でないと。

あいまいみー 第01話「えんもたけなわ」

○良かった点
・5分番組だったところ。
 →しつこいようだけど、しょうがない。
  ホントにこういう感想しか出ないのだもの。
  キャラクターに魅力を感じないし、かといってネタが面白い訳でもなく。
○悪かった点
・なし。
 →上記のとおり。


山といい、まんがといい、これといい、こういうのに貴重なアニメ界の資源をつぎ込み、公共の電波に流すというのはいかがなものかと。

まんがーる! 第01話「こちらコミック アース・スター編集部」

○良かった点
・5分番組だったところ。
 →どっかの山登りアニメと同じ感想を持っちゃったよ。
  キャラクターモノの割には、誰にも魅力を感じなかったよ。
○悪かった点
・自身の視聴姿勢。
 →ほんのちょっとでも、ノウハウモノ・業界モノと思ってしまった自分が愚かだったよ。。
  なるたけ先入観を持たずに見よう、と思っていても、なかなかどうして・・・

2013/01/14

ヤマノススメ 第01話「山だけはダメ!」

○良かった点
・5分番組だったところ。
 →5分故にそうなってしまったのかもしれないけど、あの程度の内容だったら、30分番組だったとしても同じ感想を持ったかも。
  キャラクターモノにしては主人公に魅力が無いし、テーマが見えないしで、何がしたいのかが分からなかったよ。
○悪かった点
・なし。
 →上で書いちゃったんで。


なんか、サブタイトル見てたら「奥様は魔法少女」を思い出しちゃったよ。

マギ 第13話「反逆の王子」

見所








見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。

2013/01/02

ジュエルペット きら☆デコッ! 第39話「ラブラ警察24時デコ~!」

見所



コル美せんせい
コル美先生は普段からこういう事を考えていたのか・・・


モブ生徒さんたち
この学校にはこんなにスタイルの良い生徒さんがいたのか・・・ゴクリ

はじめてのギャル 第05話「はじめてのパギャル」

やはりハーレム展開になるのか。 見所 見所はもっとあるので「もっと読む」をクリックして下さい。